バンド紹介

『コンセール・リベルテ』とは

『コンセール・リベルテ』とは、フランス語で「自由な演奏」という意味をもっています。
形にとらわれることなく、自由な発想で演奏活動を続けています。

コンセール・リベルテの歴史は古く、戦後間もない昭和28年に、静岡市を中心とする音楽同志により創立しました。

創立時は、わずか10名でのスタートでした。
まだ他に市民バンドが無いことからお手本も無く、木曜日の練習の後はもっぱら「ニューキラク」(現在の葵区昭和町にあったビアホール)で運営談議をしていたそうです。
練習への出席率が良くないとか会費の滞納など、バンドの運営も大変な時もありましたが、時代の波を受けながらも今ここにコンセール・リベルテが存在するのは、メンバーの努力と団結で数々の苦難を乗り切ってきた証でしょう。

近年の年間練習出席率の平均は80%を超えていることから、充実した活動内容と安定した活動につながっています。

60年を超える歴史の中では、その昔、吹奏楽コンクール全国大会出場や国内各地・ハワイへの演奏旅行といった演奏活動がありました。
また、長年にわたり故岩井直溥先生にポップスステージの指導・指揮をしていただき、数々の名プレイヤーとの共演も果たしました。

近年の活動としては、地域のイベントへの参加や依頼演奏が多く、その規模に合わせた楽器編成で演奏したりしています。

大きな活動は、毎年一回秋に行う定期演奏会ですが、創立から3度目となる海外遠征として、2016年3月にアメリカへ行ってきました。それは、JBAの秋山紀夫先生からのお誘いにより実現した出来事でした。

JBA-ABA合同コンベンションでの記念演奏会(カリフォルニア州サンルイス・オビスポ)でした。せっかくの機会でしたので、ヨーバリンダ高校(ロサンゼルス州オレンジ郡アナハイム)での交流演奏会や、カリフォルニアディズニーリゾートなどの観光もしてきました。

このコンベンションでは、吹奏楽オリジナルを演奏する団体が多い中、コンセール・リベルテの演奏は、吹奏楽オリジナル曲をはじめ、ゲーム音楽や日本民謡の編曲ものを演奏し、特に岩井直溥先生編曲の76本のトロンボーンや八木節が予想外の反響を呼び、他の団体の演奏にはなかったスタンディングオベーションを経験しました。また、この時の演奏が日本吹奏楽指導者協会様から評価され、感謝状をいただくなど非常に実り多い演奏旅行となりました。


指揮者 海野貴裕先生

東京コンセルヴァトワール尚美・演奏研究科(ホルン専攻)卒業。専攻優秀賞受賞。
東京金管五重奏団、ARS Brass QuintetのHorn Playerとして全国各地で年間100回近くのコンサートを行い、
海外(韓国・中国・ドイツ・チェコ等)に於いても文化派遣団体として国際音楽祭等に出演。
1991年来島武彦文化賞受賞。1996年フランスパリの国際室内楽コンクール参加。
同年チェコにてアルバムをリリース。
2000年大江戸ウィンドオーケストラのHornセクションで日本初ジャズホルンユニット「ケラタウルス エレクトゥス」を結成。都内でのライブをされており、2017年コンセール・リベルテの定期演奏会で共演しました。
また劇団四季、東京宝塚の契約奏者やアーティストのアルバム、TVのドラマCM録音等多様に活動。
この他、高校吹奏楽部や各地のアマチュアバンド等後進の指導にも熱が入っています。
2013年より、コンセール・リベルテの合奏指導をいただいており、2016年アメリカ演奏旅行<JBA-ABA合同コンベンションでの記念演奏会>を大成功に導いていただきました。


メンバー紹介

Oboe & Flute

クラシックにポップスに大活躍!フルートパートです。


Clarinet & Fagot

大所帯でアットホームなクラリネットパートです。


Saxophone

多彩なプレイで個性が光る!サックスパートです。


Trumpet

バンドの花形!トランペットパートです。


Horn

美しいハーモニー!それはホルンパートです。


Trombone

伸縮自在!トロンボーンパートです。


Euphonium Tuba   String Bass

中低音の魅力にとり憑かれた!バリテューバ&ストリングベースパートです。


Percussion

軽やかな躍動感!パーカッションパートです。