岩井直溥先生のページ

言わずと知れた、我が国吹奏楽界におけるポップスの父。

   


 永久桂冠名誉指揮者 岩井 直溥  
  Mr.Naohiro Iwai  

岩井直溥先生には、1968年から2014年までの50年足らずの長きにわたりご指導いただいておりました。

コンセール・リベルテのポップスサウンドは、岩井先生のご指導と多彩なアレンジにより、演奏会において大変ご好評をいただいておりました。
また、岩井先生の没後(2016年3月)に行った当楽団のアメリカ演奏旅行では、岩井先生編曲の「八木節」が好評でスタンディングオベーションを巻き起こしました。

これからもコンセール・リベルテは、岩井先生のご指導の賜物であるレパートリーの数々を、皆さんに楽しんでいただけるよう演奏していきたいと思います。


岩井直溥先生
 1947年 東京音楽学校(元東京芸大)器楽科卒業 ホルン専攻。
 在学中よりアニー・パイル・オーケストラに所属し、トランペット奏者兼アレンジャーとして活躍。
 その後フランキー堺バンド専属編曲者を経て1957年より東芝EMI専属となり、現在まで教育教材、吹奏楽、クラシック、ポピュラー等の作・編曲は5,000曲に及んでおります。
 昭和40年代に入り、コンセール・リベルテのオリジナルアレンジもしていただくとともに、1968年よりコンセール・リベルテの演奏会で指揮者としてご参加いただきました。
 1972年にはヤマハ音楽振興会の委嘱によって『ニューサウンズ・イン・ブラス』シリーズの編曲・出版にあたります。
 1994年には、コンセール・リベルテの名誉指揮者を引き受けていただきました。
 2003年、コンセール・リベルテ創立50周年の委託作品「響きかぎりなく」を岩井先生の指揮により初演しました。
 2013年の第61回全日本吹奏楽コンクールの課題曲に岩井先生作曲の「復興への序曲《夢の明日に》」が登場。同コンクールに岩井先生が提供された課題曲は6曲目になりましたが、これほど多くの曲を提供された方はいないそうです。この年のコンセール・リベルテの演奏会でも《夢の明日に》を演奏いたしました。
 2014年5月、呼吸不全のため逝去されました。
  



 






楽団紹介へ

これまでの演奏会へ


Copyright © 2017 concertliberte.jp All Rights Reserved.