故大石清先生


大石先生は1923年のお生まれで、テューバ奏者として、また、テューバ指導者の第一人者として著名な方でした。先生の著したバス教則本は、テューバ初心者に最適で長く利用できる優れた著書でした(絶版となりました)。1961年、東京芸大の講師でいらした頃からコンセール・リベルテの指導を始められ、一つの黄金時代を築いてくださいました。1962年には、大石先生の指揮で吹奏楽コンクールに出場し、全国大会で第3位をいただいています。東京芸大を定年退職され、小笠原諸島母島へ移住されてからも、私たちの定期演奏会には毎年のようにお越しくださり、ご指導くださいました。あの岩井直溥先生をコンセール・リベルテに結びつけてくださったのも、大石先生のおかげなのです。

 「大石清先生の足跡」 
大正12年  名古屋に生まれる。

昭和22年

 東京音楽学校卒業後、スイングオルフェアンズ、ブルーコーツなどのジャズバンドを経て東京フィルハーモニー交響楽団、ABC交響楽団にてテューバ奏者として活躍。
27年  東京芸術大学講師
36年  静岡市民バンド コンセール・リベルテを指導、その間、全日本吹奏楽連盟、関東吹奏楽連盟、東京都吹奏楽連盟の主事、理事等を歴任、現在全日本吹奏楽連盟名誉会員。
42年  日本吹奏楽指導者協会の設立に尽力、以後理事、副理事長として活躍、現在功労会員。その間、多くの学校バンド、社会人バンドの指導育成に当たり、又、埼玉大学、静岡大学の講師として教員養成にも当たる。その後、東京芸術大学で助教授・教授として教鞭をとる。
平成3年  東京芸術大学を定年退職される。
4年  小笠原諸島母島へ移住
9年  大石先生がコンセール・リベルテのために編曲してくださったドビュッシーのベルガマスク組曲から『月の光』を定期演奏会で使用させていただきました。
10年  大石先生がコンセール・リベルテのために編曲してくださった『弦楽のためのアダージョ』を定期演奏会で使用させていただきました。
11年  大石先生がコンセール・リベルテのために編曲してくださった『アンネン・ポルカ』『ポルカ・雷鳴と電光』を定期演奏会で使用させていただきました。
17年 4月18日早朝、急性心不全のため、小笠原諸島母島のご自宅でなくなりました。

コンセール・リベルテの定期演奏会には遠く小笠原の母島からお出でいただき、いつも団員に元気なお声をかけて下さいました。いつもコンセール・リベルテを見守ってくださった大石先生。大事にしていただいた大石先生のお気持ちを、団の中に語り継いでいきます。