Concert Liberte LOGO 静岡市民バンド コンセール・リベルテ 携帯バーコード  
estb.1953

第6回ABA-JBA合同コンベンション 
2016アメリカ演奏旅行

アメリカ吹奏楽指導者協会(ABA)・日本吹奏楽指導者協会(JBA)合同コンベンションにおけるガラコンサートがアメリカカリフォルニア州サンルイスオビスポ市で開催され、当楽団は清水ウィンドオーケストラの皆様と合同で参加しました。


 カリフォルニア理工州立大学(Cal Poly)のすばらしく立派なホールで7曲を演奏し、大盛況のスタンディングオベーションや、現地の方々との交流など、これまでにない貴重な体験をさせていただきました。


 演奏旅行にあたり、後押しをしてくださった多くの方々に感謝いたします。
ご協力、ありがとうございました!



3月の2日から5日までのコンベンションの日程の中で、私たちのコンサートは2日に行われました。
午前10時からステージリハーサルを2時間、そのあとサンルイスオビスポ市内観光をはさんで、午後5時45分から1時間弱のサウンドチェック最終リハーサルを行いました。


現地でリンダ・ムーハウスさんの指揮で「コーラリア」を、ヨハン・デ・メイさんの指揮で「指輪物語」よりガンダルフを演奏するため、この日初めて両氏と対面し、リハーサルを行いましたが、曲の始めからその世界にどんどん引き込まれるようでした。


そして、8時からの本番。整理券もこのように。



演奏した曲は、
 モンスターハンターより「英雄の証」(甲田雅人/森田一浩)
 リンカンシャーの花束(P.グレインジャー/F.フェネル)
 コーラリア(B.アッペルモント)※1
 交響曲第1番「指輪物語」より1.ガンダルフ(ヨハン・デ・メイ)※2
 76本のトロンボーン(M.ウィルソン/岩井直溥)
 いつか王子様が(F.チャーチル/真島俊夫)
 八木節(日本民謡/岩井直溥)
指揮は海野貴裕先生、※1リンダ・ムーアハウスさん、※2ヨハン・デ・メイさん


曲目をご覧になってわかると思いますが、いろいろなジャンルの楽曲を演奏しました。

ゲーム・モンスターハンターの音楽である英雄の証は、コンセール・リベルテの定期演奏会と同様に最初に演奏しました。カッコいい曲で始まりました。

リンカンシャーの花束は、コンセール・リベルテの定期演奏会でも演奏しましたが、とても難しい曲で、指導者協会の方々もお見えになるこのコンサートのためにさらに練習を重ねてきました。

コーラリアは、リンダ・ムーアハウスさんによる優雅で雄大な指揮に呼応した、ダイナミックな演奏が出来たのではないかと思います。

この演奏会でヨハン・デ・メイさんに指揮を振っていただくことが判明したため、指輪物語を選びました。時間の関係でガンダルフのみの演奏でしたが、大きな体から繰り出される魔法のような指揮に吸い込まれそうになりながらの演奏でした。

76本のトロンボーンには、いろんな曲が埋め込まれていますが、お馴染みのマーチが聞こえると会場がどよめき、最後の数十小節を立奏のため全員で立ち上がったとたん、会場からワーッと声が上がり、観客も拍手とともに立ち上がってしまいました。

お馴染み白雪姫のいつか王子様が。明るいワルツですが、前のマーチ曲からの切り替えが難しい。しかし、そこは市民バンドの技量とも言えるでしょう。アルトサックスの甘いソロで聴かせました。

そしてラストは八木節!岩井先生のご機嫌な編曲です。用意した法被を全員で羽織り、4人の踊り娘も登場し、観客も相当な盛り上がりでスタンディングオベーションとなりました。


写真は、左からヨハン・デ・メイさん、海野貴裕先生、リンダ・ムーアハウスさん。

演奏が終わった後、JBAの役員の方からは、初めてのスタンディングオベーションだった。とても良かったとお褒めの言葉をいただきました。老若男女でいろんなジャンルをやりこなしていることが珍しくて、好印象になったようでした。


翌日はアナハイムへ移動し観光。
翌3月4日は、ヨーバリンダ高校と交流演奏会を行いました。

電光掲示でWelcome To YLHS なんともお洒落。




2台のバスで乗りつけ、楽器等の荷物をおろしている様子。






演奏した曲は、
 モンスターハンターより「英雄の証」(甲田雅人/森田一浩)
 リンカンシャーの花束(P.グレインジャー/F.フェネル)
 76本のトロンボーン(M.ウィルソン/岩井直溥)
 いつか王子様が(F.チャーチル/真島俊夫)
 八木節(日本民謡/岩井直溥)
指揮は海野貴裕先生。

やはりこちらでも、76本のトロンボーンと八木節の受けがとても良く、スタンディングオベーションになってしまいました。音楽で通じ合えた感覚は、一生忘れられない感動の瞬間でした。

演奏のあと、交流会。英語で積極的に話す人もあれば、なかなか英語でコミュニケーションがとれずに難儀する人もあり。それでもなんとなく感覚で通じ合えたりするものですね。


演奏やバス移動の狭間には、ビーチやアウトレット、ディズニーランドへ観光しました。

→観光の様子はこちら
 
トップページへ




  Copyright © 2016 concertliberte.jp All Rights Reserved.